ロードバイク

バイオレーサー5000をやってみたよ.セッティングはどう変わったか?

みなさんこんにちは
keiです

ロードバイクを乗り始めて1年が立ちました.3週間後にはエンデューロに出場します.

あわせて読みたい
第6回もてぎ7時間エンデューロ2018春にもうしこみしたよ こんな大会に申し込みしてみました. ロードバイク7時間ソロです. 7時間もはしれるのかなー ヽ(・3・)/ ...
あわせて読みたい
初めてのロードバイクエンデューロを振り返るはじめに こんな大会に参加してきました.7時間エンデューロソロです.1人だけで7時間も走りっぱなしです.ロードバイクを初めてか...

そこで,せっかくならとことんやってやろうと思い,ポジションのフィッティングを見直すことにしました.しかし自分では当然セッティングなんてできないので,そこで!これです.

バイオレーサー5000

このバイオレーサー5000でセッティングをしてきました.
いや,これ,5000円でできる割には最高ですね!(べた褒め)

初心者の皆さん!ロードバイクのポジション出しは必須ですしなるべく早くやった方がいいですよ.こう言ったインターフェイスの大事さはこちらの記事にも書いているので併せてご覧ください.

あわせて読みたい
ロードバイクで考えるインターフェイスの大切さ 今日はロードバイクのインターフェイスについて考えてみます.インターフェイスという言葉自体は知っているけれど,ロードバイクのインタ...

手順

まずは体の寸法を測ります。肩幅、股下、胴の長さなどなど.そして,セッティングの数値が自動的に計算されます。

そしてこの後からがバイオレーサーの本番です。

セッティングの数値の意味を解説してくれて、レース用のセッティングなのか、普段乗りのセッティングなのかで微妙な調整をしてくれます。そして実際にバイクにまだがり、ペダルをこいで感触を確かめます。

最終的にこれだというセッティングが決まったら,自分のロードバイクのセッティングを変えてもらって(これは追加料金がかかる)完成です.

変更箇所

で,結局どう変わったか,こうなりました.

最初はクランクです.
クランク関係は,理想的な数字はバイオレーサーが教えてくれるものの,実際にその数値のクランクのラインナップは
ハイエンドモデルしかなく,実際は理想的な数値にするのは難しいとのこと(もちろんお金を積めばできる).と言うことで変更ナシです.
ちなみに,この機にビンディングを変更しました.

次はサドルです.
私の骨格からすると(腿の骨が多分長い)サドルをかなり後ろに下げた方が良いとのことでした.本当はもっと後ろにさげたかったんですが,
私のロードバイクでは15mm下げるのが限界でした.写真ではわかりにくいですが,高さは7mm下げています.

最後にハンドル関係.
ここが一番大きなセッティング変更でした.もともとのセッティングに比べて,推奨セッティングでは何と-60mmがよいと言われました.
バイオレーサーに乗ってみ実際にペダルをこいでみると,確かに-60mmにするといい感じです.ただしこの姿勢はかなり体幹が強くないといけないとのことで,頑張って鍛えてくださいと言われてしまいました(笑)よしカンバルぞ.

さて,-60mmといっても,私のロードバイクでは構造上どうしても-60mmはできなかったので,ステム交換でできるだけ下げることにしました.ステムの位置を下げる+角度付き(13°)のステムにして,何とか40mm下げました.


と,いうことで,バイオレーサー5000を行ってきました.これ絶対すべきです!
たかだか5000円そこらでセッティングが劇的に変わります.そして,おにいさんから色々と教えてもらえます.

これで5000円って絶対ワイズロードは赤字じゃないかな.お兄さんを1時間拘束して,5000円( ‘-‘)これはバイオレーサーじゃ儲からんぞ.バイオレーサーに伴って,セッティング変更の工賃や,パーツ費がないと赤字だと思います.

絶対やる価値あります!初心者ももちろんですし,ロード乗り始めて1年目くらいの人がやっても効果絶大じゃないでしょうか.もし自分がロード買ったばっかりの時にバイオレーサー5000を受けても,多分お兄さんの説明が意味不明すぎて分からなかったと思います.

ではまた!エンデューロとヒルクライムに向けて頑張ります.